ホーム > パラサイクリング情報発信!福井選手に教えてもらいました

更新日: 2021年3月4日

ここから本文です。

パラサイクリング情報発信!福井選手に教えてもらいました

2月下旬、パラサイクリング三輪(トライシクル)の選手、福井選手にインタビューをしてきました。三輪(トライシクル)のコツも教わってきました。

福井万葉(ふくいかずは)選手:静岡県出身のパラサイクリング選手。種別はトライシクル。2019UCIパラサイクリング・ロード・ワールドカップ出場。

福井選手インタビュー

トライシクルを間近で見るのは初めての編集チーム。福井選手とコーチに素朴な疑問から、競技の奥深さまで教えてもらいました。

 

(静岡県)福井選手が、三輪(トライシクル)を始めたきっかけを教えてください。

(コーチ)陸上競技のパラ選手の発掘事業の時に、競技自転車に試乗する機会を設けました。そのときに福井選手が来てくれました。麻痺があるということで、三輪に乗ってもらったのが最初です。

(福井選手)自転車に乗ってみたらスピードが出て、風を感じることが出来たのがうれしかったです。

(コーチ)障がいのある方にとって、風を感じる機会がなかなかないため、風を感じるとうれしいんです。

 

(静岡県)どのくらいのスピードで走るのですか?

(福井選手)平均で時速35km、下りだと時速45km位のスピードが出ます。

 

(静岡県)三輪(トライシクル)の特徴について教えてください。特にカーブの曲がり方が難しそうに見えます。

(コーチ)三輪は自転車が倒れない仕組みになっています。二輪自転車はハンドルを切って車体を傾けてカーブを曲がるかと思います。しかし、三輪はハンドルを切っても倒れないので曲がらないのです。

(福井選手)お尻をサドルから下げて、バランスを取りながらカーブを曲がります。カーブを曲がるのにはテクニックが必要です。このテクニックをみなさんに見て欲しいです。迫力を感じてもらえると思います。
左側に曲がりたい時は、曲がりたい方の足(左の足)が伸びた状態で自転車に乗っています。

(コーチ)二輪自転車では、曲がりたい方の足を曲げていると思いますので、その点が異なりますね。

福井選手のカーブ

(静岡県)レースに出た時の感想を教えてください。

(福井選手)まだ2回しかレースに出ていません。レースに出たときは、前の選手についていこうと必死に走りました。これからは、自分でレースの展開を作れるようになりたいです。

(コーチ)福井選手は、2019年にデビューして、その時外国人選手との差を感じました。それ以来、筋トレなどトレーニングを積んでいます。

 

(静岡県)レースが行われていない時期の練習について教えてください。

(福井選手)やることは変わりません。試合をイメージしながら気を抜かないで取り組んでいます。踏ん張る時と休む時とメリハリをつけてやっています。戦略として、走るときは上りを頑張るために平坦のところは休みながら走っています。考えながら練習をしています。自分の得意なところで力を発揮できるように考えています。

 

レースにデビューしてまだ2年目。外国選手に負けないよう、練習を積んでいる福井選手の成長が楽しみです。

福井選手のカーブの曲がり方(実演)

インタビューで教えてもらった三輪(トライシクル)でのカーブの曲がり方を実演してくださいました。

曲がる内側の足を延ばして、お尻を椅子から落としています。

カーブを曲がる1

右に曲がるところ。右足を伸ばしています。

カーブを曲がる2

後ろからの姿。右足が伸びてお尻をサドルから落としています。

 

パラサイクリング情報発信のページに戻る