ホーム > 「東京2020オリンピック自転車競技日本代表内定選手応援プロジェクト」スタート

更新日: 2020年9月15日

ここから本文です。

「東京2020オリンピック自転車競技日本代表内定選手応援プロジェクト」スタート

2020年6月4日、東京2020オリンピック競技大会自転車競技の日本代表内定選手が公益財団法人日本自転車競技連盟(以下「JCF」という)から発表されました。(※ロードレースを除く、トラック・レース、MTB、BMX)

この3つの競技の中でもトラック・レースに出場する選手たちは、静岡県内に本拠地をかまえ、1年後の大舞台となる「伊豆ベロドローム(伊豆市)」で、メダル獲得を目指して日々ハードなトレーニングに打ち込んでいます。

こうしたことから静岡県では、2020年8月8日、トラック・レース日本代表内定選手の激励会を開催したところですが、今回の激励会を契機に以下のとおり、応援プロジェクトをスタートさせることとしました。世界を沸かせる選手たちの活躍は、私たち県民にとっても、勇気と誇りを与えてくれるものとなるはずです。

県民皆で、精一杯の応援をおくりましょう!!

トラック・レース日本代表内定選手応援プロジェクト~選手に熱いメッセージを贈ろう~

<内容>

〇選手・静岡県民のメッセージ交換

★県民から選手へ

大型フラッグに県民から選手へのメッセージを書いて応援の声を届けよう!フラッグがメッセージで埋まったら、選手にお届けします。

フラッグは、地域のイベントや節目イベントに登場するほか、各地を巡回します。

★選手から県民へ

オリンピックに対する選手の熱い思いが詰まった日本代表ジャージが、県内各地やイベントなどで展示されます。

〇SNS動画で選手を応援

★「#2020自転車応援静岡」でSNSに動画を投稿

「#2020自転車応援静岡」をつけて、インスタグラムに動画を大募集。

あなたの生の応援の声を、SNSで選手に届けよう!

公序良俗に反する内容や、選手・関係者等を誹謗中傷する投稿はご遠慮ください。

著作権や肖像権の取り扱いには十分注意して、投稿願います。

選手紹介

内定選手紹介(PDF:468KB)

選手インタビュー動画

東京2020オリンピック自転車競技(トラック・レース)日本代表内定選手の東京2020オリンピック大会への意気込みを収録したインタビュー動画を掲載します。

新田祐大選手

脇本雄太選手

当日の様子

8月8日の激励会には、今年6月4日に発表された、東京2020オリンピック競技大会自転車競技トラック・レース日本代表内定選手5名、代表チームコーチ2名、JCFトラック委員長の中野浩一氏に出演していただきました。

また特別ゲストとして、森喜朗組織委員会会長、橋本聖子東京オリンピック・パラリンピック担当大臣、伊豆半島・東部地域20市町首長にも御出席いただきました。

governor chairman minister izu

 talkshow uniform

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。