ホーム > ボッチャ杉村英孝選手が来てくれました

更新日: 2021年10月5日

ここから本文です。

ボッチャ杉村英孝選手が来てくれました

令和3年10月5日(火曜日)、東京2020パラリンピックのボッチャ競技個人で金メダル、団体で銅メダルを獲得した杉村英孝選手(伊東市出身、伊豆介護センター)とコーチらが来てくださいました。

川勝平太知事に、パラリンピックの金メダルと銅メダルを紹介してくださいました。川勝知事からは、個人決勝戦での神技のような投球についての質問がされました。

杉村選手は神技のような投球について、「狙い通りに投げているが、今大会は自分でもびっくりするくらいの精度だった。練習でやってきたことを試合で出せた」とコメントをいただきました。

杉村選手1

最後は、川勝知事からは、「ミスターボッチャ」と呼ばれ、3年後のパリ大会に向けた期待を寄せられました。

杉村選手は、「東京2020大会は無観客でしたが、テレビやSNSをとおして多くの人にボッチャを見てもらえました。パラスポーツに興味を持ってもらうきっかけになったことは、メダルと同じくらいうれしいです。競技者として、このムーブメントを終わらせてはいけないと考えます。勝ち続けないと」と最後に語っていただきました。

杉村選手2

杉村選手のコメント

・大会会場で、静岡からの熱い期待に応えたいとおっしゃっていましたが、静岡県民に向けて一言をお願いします。

「静岡県民から多大なる支援、温かな声援をいただき感謝しています。大会期間中も、多くの多くの方から応援メッセージをいただき、私の戦う力となりました。」

杉村選手3

・知事とのお話の際、東京2020大会は、自分でもびっくりするくらいの投球の精度だったとおっしゃっていました。東京大会を振り返ってお話ください。

「コロナ禍で大変な中、多くの方々のご尽力により、この1年延期を経て、無事開催できたこと、選手として出場できたこと、各国多くのアスリートに参加してもらえたことに、感謝の気持ちを伝えたいです。今大会は、ロンドン大会、リオ大会に続き3回目の大会でした。『絶対的なチャレンジャー』として、自分に打ち勝つこと、そして何より大好きなボッチャを楽しむことを大切に戦ってきました。ボッチャを初めて20年になります。パラリンピックという最高の舞台に立って、これまでコーチや仲間と共に磨いてきた努力と、これまで様々な方々のサポートの想いが個人での金メダル、団体での銅メダルとして証明することができました。それが本当にうれしく思います。」

 

・パリ大会の話も出ていましたね。3年後は追われる立場になります。

「パリ大会に向けて、長期的な目標として目指していきますが、その前に大事な試合がたくさん目の前にあります。目の前の試合一つを一つを大切に戦い抜くこと、そこで結果を出すことが大切だと考えます。目の前の試合を戦い抜いていきます。」

・日本人初のボッチャ個人でのメダルですね。

「今大会、日本のボッチャ界で初めての個人メダルで、それが金メダルでした。金メダルは、自分一人で獲ることはできなかったと思います。これまで支えてくれた家族であったり、職場の方であったり、ともに戦ってくれた仲間の想いなど、すべてが詰まった金メダルだと思っています。みんなで獲得することのできた金メダルだと思います。」

 

杉村選手4

・地元開催で素晴らしい結果ですね。

「地元開催ということで、これまでの大会と気持ちの部分も違いました。コロナ禍で、無観客開催ということは残念な部分ではありましたが、テレビやSNSを通じて、ボッチャ、パラスポーツを見ていただき、熱い応援をいただきました。その一つ一つが私たち選手の戦う力になりました。多くの方が、ボッチャ、パラスポーツに興味・関心を持ってもらうきっかけとなり、うれしく思っています。この知っていただいたきっかけを次に繋げていかなければいけないと思っています。競技者としてはしっかり結果を残して、注目される選手・競技に成長していく必要もあると思いますし、ボッチャやパラスポーツの普及振興に繋げていければと思っています。」