ホーム > 自転車競技に対する皆さんからの感想(オリンピック)

更新日: 2021年11月1日

ここから本文です。

自転車競技に対する皆さんからの感想(オリンピック)

自転車競技を見た方や都市ボランティアさんから自転車競技に関する感想や魅力のコメントをいただきました。また、観戦した学生さんからも感想をもらっています。梶原選手

コロナ禍で静岡県内で開催ながら生で見ることに制限がかかってしまった自転車競技ですが、今後もきっと大会は行われるはずですし、テレビやネットで観ても面白いはずです。参考に、次の大会を期待して待っていてください。

コメントをいただいた皆様、本当にありがとうございました!

スペースの関係ですべてのコメントは載せられず一部ですが、紹介させていただきます。

@フォートキシモト

自転車競技全体

「トラックでは1/1000秒を争う闘い。ロードは『音』ですね。ゴーッという音が束になってくる瞬間がたまらない!どちらもテレビでは伝わりません。現地で観ないと!」

 

「MTBでは観に行けないような崖、ジャンプの瞬間等でのTV映像はかなり迫力がありました。トラックでの目の前を通り過ぎる風、息遣い、コーナーを駆け抜ける地響き、競り合ったあとのゴールの歓喜の叫びと呼応する拍手、メダル授与式で起立して聞く国歌・・・等々、現地でなくては味わえない興奮があります。なにより、選手との距離が近いのが、自転車競技の魅力ではないでしょうか。」

 

「オリンピック、パラリンピックともに自転車競技をTV、ネット中継などを通して観戦しています。もともと自分も自転車が好きで、オリンピック、パラリンピック開催が決定する以前から、サイクルスポーツセンターでMTBのコースを整備したり、新たなコースを作ったりするのを手伝いながらコースを走って楽しんでいました。

また、ベロドロームの建設計画があがる前から出来上がるまでを眺め、建設途中のバンクの裏側を見せてもらったり、完成してからは走らせてもらったり、日本を代表する選手の方々が走る姿を見てきました。

休日には、ロードバイクで富士~沼津の海岸沿いをサイクリングすることが多いのですが、競技用の車いす(これは自転車競技ではありませんが・・)で練習するアスリートの方や、片脚でロードバイクの練習をするアスリートの方など、日常の光景として特に意識することなく眺めてきました。

オリンピック、パラリンピックが開催され、自分がよく知っている道をロードレースの集団が美しく走り抜ける瞬間、自分達が走っていた頃とは全然違うコースになったサイクルスポーツセンターの土や石を見た瞬間、いつの間にかスタンドが増設されて世界に発信されても恥ずかしくない設備になったベロドロームを見た瞬間、それと今まで間近で見てきたアスリートの方々をディスプレイを通して見た瞬間に、それぞれの競技をとても身近に感じることができました。感動しました。」

 

「ひたむきに努力し、力を本番でしっかり発揮する精神力。レース後は相手を互いに尊敬しあう姿は人として見習いたいと思いました。会場で、他の観戦者とも一体になって応援することの喜び、感動を味わいました。」

 

ロードレース

「あっという間に通り過ぎてしまいましたが、かっこよかったです。東京からずっと走ってきて、山道もすいすい上がってしまい、あのパワーはどこにあるのかと驚きます。」

 

「ロードレースは、自転車という機械を使うとはいえ、人の力で走る、最速、最長距離の乗り物だと思いました。休まず、走りながら水分をとり、チームから袋を受け取ってエネルギー補給をし、同チームの選手同士で助け合いながら長時間走る姿に感銘を受けました。」

 

「自転車競技が必ず開会式の翌日に行われることなどにも表れているように注目の競技ということが言えます。ただ静岡県に限ってはまだまだメジャーにならず普及していません。やはり、県民に自転車競技を見せることが大事だと考えます。ベロドローム以外にも 自動車、バイクメーカーのテストコースがあります、そのようなものを利用して大会誘致でも良いかと思います。迫力、スピード 激しさが伝わると思います。見せれば新たな魅力の発見につながりますし、競技人口も増えると思います。」

 

「ロードレースをテスト、本番とサポーターとしてボランティア参加し、現地で見ることができました。自転車ロードレースはヨーロッパの競技のイメージで国内で生観戦する体験は貴重でした。スピード感もですが、サポートの車列も圧巻で一瞬でしたけど、とても楽しめました。」

 

マウンテンバイク

「MTBでは観客の方たちのマスク越しからでも溢れる笑顔と大きな拍手、選手への熱視線は選手にも十分伝わっていたように思われます。多くのフォトグラファーも感心されていましたが、MTBの競技会場は自然豊かな中に伊豆の名所もフィールド内に作りこまれていて本当に美しい景観でした。丹精込めて会場づくりがされていて、このような素晴らしい会場が静岡にあることが誇らしいなぁと思いました。

日本でのMTBはまだまだマイナー競技に位置されているようですが、見ていても本当に面白くて機会があればまたトップアスリートの走りを間近で見たいなと思いました。」

 

「自転車競技にあまり詳しくなくても見てて楽しいです。また、大きく飛んだり、落ちたり、何が起こるか分からないのでハラハラする感覚が楽しかったです。」

 

「スピード感とスリル感、鍛え上げられた脚力が魅力です。直接見てやはり体つきから筋肉が凄く付いていてどんな斜面でも前の競技者に食らいついる姿が凄く格好良かった。」

 

「観客席ではなく決められた範囲での観戦になるので選手との距離がすごく近く、程よい長さの競技時間であること。自転車では登れないのではという所や数ミリの差で落車してしまったりするがそこから諦めず自転車をこぎ続ける姿勢」

 

トラック

「トラック競技でも世界記録、オリンピック記録、日本記録が沢山出て、ベロドロームは自転車競技の聖地となっています。私も、オムニアムで出場した梶原悠未選手のエリミネーションを見たときの興奮と感動は一生忘れられないものとなりました。今後伊豆を中心に自転車競技がますます発展していってほしいですし、そこに携われる活動をしていきたいと思っています。」

 

「梶原選手が銀メダルに輝いたオムニアムというのは4レースからなる競技と初めて知りました。テレビ観戦でしたが4レースの合計ポイントで争う競技だったので、各レースを緊張しながら見ることができました。レースごとの巧みな駆け引きや合計ポイントを考えたレース展開など、とても魅力的な競技だと知ることができました。」

 

最後に

コメントをくださった皆様、本当にありがとうございました。

★大会会場に近い伊豆の国市の「コナステイ伊豆長岡」では、マウンテンバイクのオランダ選手団を受け入れました。担当者さんにお話を聞きました。おます話の様子は、近日公開し。