ホーム > ロードレースコース紹介

ロードレースコース紹介

ここから本文です。

時に時速60㎞以上のスピードで駆け抜ける選手たちの迫力、激しい競り合いを間近で体感できるのがロードレースの醍醐味。東京2020大会のロードレースは、富士山を目指して走るダイナミックなレースに注目です。

選手は東京都の武蔵野の森公園をスタートし、神奈川県、山梨県を巡り、ゴールとなる小山町の富士スピードウェイを目指します。静岡県内のコースは、富士山の麓を走る自然豊かなコースで、アップダウンの激しい難易度の高いコースとなっています。

 

開催日程

男子ロードレース 2021年7月24日(土曜日)11:00~18:15
女子ロードレース 2021年7月25日(日曜日)13:00~17:35
女子・男子ロードレース 2021年7月28日(水曜日)11:30~17:40

※パラリンピックについては、確定次第お知らせいたします。

オリンピック静岡県内エリアの紹介

御殿場市 市内

街中でレースが展開される。住宅地や商店、小学校の横を、一流選手が駆け抜ける。富士山麓周回コースへの往復コースとなり、2回通過する。

裾野市 富士山麓

富士山麓周回コース。林間コースを抜けた先に現れる雄大な富士山。今回のコースの最高地点へ向かい、富士山を正面に選手が駆け上がっていく映像が見られるだろう。

小山町 明神峠

レース終盤の勝負どころ。200km近く走ってきた選手たちが最後に挑む平均斜度10%の激坂。自転車ファンの間ではこの明神峠で金メダリストが決まるのでは、と予想されている。

 

オリンピックロードレースコース

男子ロードレース 全体コース・高低差【全長距離 約244㎞】

ロードレース(男子)コース

TOKYO2020

※コースの一部は自動車専用道路となっています。自転車走行はできませんのでご注意ください。

  • 総距離:約244km、レース距離:約234km(スタート後10kmはパレード走行)
  • 獲得標高:約4865m
  • 最高到達点:約1451m(静岡県裾野市須山)

男子ロードレースコース 富士山エリア

ロードレース(男子)コース 富士山エリア

TOKYO2020

女子ロードレース 全体コース・高低差【全長距離 約147㎞】

ロードレース(女子)コース

TOKYO2020

  • 総距離:約147km、レース距離:約137km(スタート後10kmはパレード走行)
  • 獲得標高:約2692m
  • 最高到達点:約1121m(山梨県南都留郡山中湖村)

男子・女子タイムトライアルコース【男子 2周:44.2㎞ 女子 1周:22.1㎞】

オリンピック個人タイムトライアル(男子)

TOKYO2020

オリンピック個人タイムトライアル(女子)

TOKYO2020

  • スタート・ゴール:富士スピードウェイ
  • 総距離:男子約44.2km(約22.1km×2週)、女子約22.1km(約22.1km×1週)
  • 獲得標高:男子約846m、女子約423m

パラリンピックロードレースコース

パラリンピックのコースは、富士スピードウェイをスタート・ゴールとして、富士スピードウェイ内外の複数の上り下りを含むコースとなっています。

ロードレースコース【走行距離:約13.2㎞】

パラリンピック ロードレース(男子・女子)

TOKYO2020

  • ロードレース(男子/女子)クラスB、H1-5、T1-2、C1-5
  • スタート・ゴール:富士スピードウェイ
  • 距離:約13.2km/1週

男子・女子タイムトライアルコース【走行距離:約8㎞】

パラリンピック タイムトライアル(男子・女子)

TOKYO2020

  • ロードレース(男子/女子)クラスB、H1-5、T1-2、C1-5
  • スタート・ゴール:富士スピードウェイ
  • 距離:約8km/1週

混合チームリレーコース【走行距離:約5.4㎞】

パラリンピック混合チームリレー

TOKYO2020

  • スタート・ゴール:富士スピードウェイ
  • 距離:約5.4km/1週